校舎の様子 | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール大泉学園校 校舎長 永山 亮

大泉学園校に着任し3年目となりました。本年度の卒業生は東進内でもトップクラスの努力を重ね、東京大学5名の合格を筆頭に大きく合格実績を伸ばしました。この要因は何でしょうか。東進ハイスクールは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育てる」という教育理念の元、日々生徒指導を行っています。生徒を「自ら求め・考え・判断実行する」状態へ引き上げる事。着実に大泉学園の生徒たちは大学受験に真摯に向き合い、やらされ勉強から脱却していきます。そして何よりも将来に向かって一生懸命です。今どんな状態でも一生懸命に大学受験に取り組みたい方は大泉学園校にお越しください。お待ちしています。

大泉学園校はスタッフに愛情があり本気で生徒一人ひとりの夢を大切に考えるアットホームな予備校です。まず生徒たちは登校すると、校舎受付のすぐ横にある音読室で毎日音読。熱心に勉強に取り組んでいる姿が周りの生徒にも良い影響を与えています。一日の勉強を終えたら、生徒一人ひとりが持っている生徒ファイルを元に学習チェック。何より、「明日も頑張るぞ」という生徒の気持ちを引き出すことを大切にし、温かい声かけを忘れません。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

寺西 美月 さん 東京大学 理科Ⅰ類
私立豊島岡女子学園高等学校 卒 コーラス部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
寺西 美月 さん 東京大学 理科Ⅰ類
担任助手として一言
皆さんはなぜ大学受験をするのですか。何を学ぶために大学に行きますか。自身に問うて得た答えは、伸び悩んだ時に自分の背中を押してくれます。私も精一杯そのお手伝いをします。共に全力で走り切りましょう!
小林 はじめ くん 早稲田大学 教育学部
東京都立大泉高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
小林 はじめ さん 早稲田大学 教育学部
担任助手として一言
受験を一人で乗り切るのは難しいですが、東進には共に頑張れる仲間がいます。それはグループのメンバーと、私たち担任助手です。東進生はグループのライバルたちとときには切磋琢磨しあい、またあるときは励まし合って大きく成長します。また、私はみなさんが志望校に合格する学力をつけることだけではなく、人間として成長できるよう精一杯サポートいたします。最高の環境で一緒に頑張りましょう。
赤﨑 海斗 くん 上智大学 理工学部
東京都立武蔵北高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
赤﨑 海斗 さん 上智大学 理工学部
担任助手として一言
大学受験は、高校生にとってとても大きく、高い壁です。これを乗り越える、これに打ち勝つために必要なのは日々の積み重ねです。単語をひとつ覚える、問題をひとつ解く。これらの積み重ねが着実に志望校合格へ近づけてくれます。しかし、この毎日の積み重ねと続ける辛さも僕はよく知っています。だからこそ、夢をかなえるために頑張る皆さんを全力でサポートします!

→もっと見る

相原 雪菜 さん 東京工業大学 第2類
私立豊島岡女子学園高等学校 卒 コーラス部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
相原 雪菜 さん 東京工業大学 第2類
担任助手として一言
受験は、自分を見つめなおし、自分と闘うものです。自分は将来何がしたいのか、合格するには何をすべきか考え抜いてください。何度も悩んだり、不安になったりすると思います。そんな時は、怖がらずに相談してください。私自身、受験生の時にはいろいろな人にたくさん相談しました。一緒に頑張りましょう!
土屋 遥佳 さん 早稲田大学 政治経済学部
東京都立小石川中等教育学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
土屋 遥佳 さん 早稲田大学 政治経済学部
担任助手として一言
受験生の皆さんには、ただのつらい受験生活ではなく、勉強ってこんなに楽しいものだったのか、努力するとはこういうことか、私はこんなに成長できた、と思ってもらえるような期間にしていただきたいです。精神的な支えとなれるよう努めますので、一緒に頑張っていきましょう!!
川尻 義秀 くん 慶應大学 理工学部
私立立教新座高等学校 卒 テニス部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
川尻 義秀 くん 慶應大学 理工学部
担任助手として一言
僕はみなさんに大学受験に合格することももちろんですが、大学生になってからのことや将来のことについても考えていただきたいと思っています。皆さんが大学生になったときにも東進にいたから努力すべき対象がすぐに見つかる、そんな風になってほしいです。そのお手伝いができるよう、僕も努力していきます。
香村 悠太 くん 明治大学 理工学部
東京都立大泉高等学校 卒 テニス部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
香村 悠太 くん 明治大学 理工学部
担任助手として一言
受験生活は長く、辛い戦いかもしれません。私にも、伸び悩み逃げ出したいと考えることもたくさんありました。真剣に取り組むからこそ、泣いたり、時にはみんなと笑ったりすることができます。そんな経験は自分を成長させてくれました。また、私は受験生活において、担任助手や友人、両親の支えがあって乗り越えられたと思っています。私もみなさんを一生懸命サポートしていきます。一緒に全力で取り組みましょう。
橋本 なつ子 さん 学習院大学 文学部
東京都立武蔵北高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
橋本 なつ子 さん 学習院大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強をしていると、不安になったり辛くて逃げ出したくなったりすることがあると思います。しかし、受験生にはそこで立ち止まっている時間はありません。絶対に進み続けなければなりません。皆さんの周りには、とことんサポートしてくださる家族やスタッフ、仲間がたくさんいます。いつでも頼ってください。私も皆さんと一緒に成長していけるよう、一生懸命頑張ります。
小野 敦己 くん 立教大学 経済学部
私立東亜学園高等学校 卒 剣道部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
小野 敦己 くん 立教大学 経済学部
担任助手として一言
受験勉強といっても、ただがむしゃらに勉強するだけでは第一志望校には合格できません。習慣的に何をするのか、目標を定めそこから逆算してどのように達成していくのかという緻密な計画を立てることが必要不可欠です。どのように計画を立てればいいか分からない、など困ったことがあればぜひ相談してください。
本田 美咲 さん 東洋大学 国際学部
東京都立石神井高等学校 卒 ラグビー部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
本田 美咲 さん 東洋大学 国際学部
担任助手として一言
第一志望校に合格することがゴールになってはいませんか?その先に待つ大学や社会でやりたいことを見つけましょう。誰しもが受験期で苦しい時期がやってくると思います。そんなとき、夢や目標は大きな支えとなります。しっかりと自分の将来を見据えながら、この受験生活を乗り切りましょう!また、周りで支えてくれている両親や友人への感謝を忘れずに頑張りましょう。全力でサポートします!
野崎 萌 さん 芝浦工業大学 工学部
私立富士見高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
野崎 萌 さん 芝浦工業大学 工学部
担任助手として一言
受験勉強をしていると、高い壁に何度も出会います。そんな時は、十年後の理想の自分を思い浮かべてみてください。夢を実現するために、今の自分は何をすべきでしょう。行き先を見失わずに最後まで最後まで戦いきることができれば、必ず大きな成長を遂げられます。大学入試は将来の夢に向かう第一歩です。自分の経験を活かして、最後まで全力でサポートします。最高の第一歩を一緒に踏み出しましょう。
山田 望 さん 立教大学 観光学部
東京都立北園高校 卒 ソフトボール部 東進ハイスクール大泉学園校 OG
山田 望 さん 立教大学 観光学部
担任助手として一言
大学受験に限らず、生きていくうえで大切なことは、自ら課題を見つけ、自ら目標を掲げ、努力を積み重ねていくことだと思います。受験生活では弱い自分にたくさん出会うと思いますが、自分の信念を持ち、自ら行動していきましょう。そして、大学受験は自分の夢を実現するための中間目標です。自分の夢の実現に向かって、仲間・ライバルと共に、そして我々担任助手と共に、最後までやり抜きましょう!
岡井 翔 くん 法政大学 文学部
私立川越東高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
岡井 翔 くん 法政大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強をやっていると、楽な方に行きたくなったり、辞めたくなることもあると思います。でも、大学受験は最終ゴールではなく中間目標です。大学受験の先も続く人生をどのように過ごすのかは大学受験で培った人間力で決まると言っても過言ではありません。鍛えましょう、徹底的に!自分の弱さととことん向き合い、人として圧倒的に成長できる受験にしましょう!一緒に戦いたい方は大泉学園校でお待ちしています!
大沼 志展 くん 東京理科大学 理工学部
都立大泉高等学校卒業 卒 テニス部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
担任助手として一言
自ら求め、行動し、培った力は最後の最後まで自分を助けてくれる、一つの大きな武器になります。だからこそ、これからの受験生活では、どんなに苦しい事も諦めずに挑戦し続けて下さい。それは必ず皆さんの成長の糧となります。主体的に、能動的に、真摯に、この受験を乗り越えていきましょう。
山田 孝太 くん 法政大学 経営学部
埼玉県立和光国際高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール大泉学園校 OB
山田 孝太 くん 法政大学 経営学部
担任助手として一言
私はみなさんに常にポジティブにいてほしいです。ネガティブになっては物事が上手くいくことは私の経験上ありません。だから自分の不運を嘆くより笑い飛ばせるくらい前向きに考えてください。

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

長時間にわたって音読を交えながら徹底的に英語の学習を行います。単に長時間勉強するということが目的ではなく、いかに集中し、かつ効率よく勉強するかという方法を身につけていきます。また合宿中には様々なテーマについてディスカッションなども行います。他の人の意見を聞くことで視野を広げ、またモチベーションも上がりさらに勉強に対して意欲的に取り組むことができます。多くのライバルと切磋琢磨しながら限界突破に挑戦することで、1人で勉強する時以上の達成感を経験することができます。その時の達成感は必ず自分の自信に繋がるはずです。受験を勝ち抜くための体力・集中力を身につけるとともに精神的にも大きく成長できる機会が塾内合宿です。

特別公開授業

特別公開授業

普段はt-POD授業の東進ですが、有名講師の授業を直接受講することができるのが「特別公開授業」です。先生は生徒のために超高密度の熱い特別授業を行ってくれます。わかりやすい授業内容は勿論ですが、特別公開授業では入試の状況や普段聞けない先生の経験談など貴重な話を聞くことができます。授業時間は2時間ですが、参加した生徒はみな「あっという間に感じた」と感想を話してくれます。たくさんの刺激を受け、特別公開授業後の生徒の目はキラキラし、勉強に対するやる気がグンとアップしていることがよく分かります。普段東進に通っていない生徒も参加できる楽しいイベントです。「本当に学力を伸ばす名人の授業」で本気で受験勉強をスタートさせることができます。
※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

合格報告会

合格報告会

難関大学に見事現役合格を果たした先輩が、これから志望校合格を目指す後輩に対し、どのように受験勉強に取り組んできたかを伝えるのが、合格報告会です。苦手な科目の克服法、夏休みの過ごし方、部活との両立法、入試直前期にやるべきことなど、内容は多岐にわたりますが、受験を経験してきた先輩の話は参考になることばかりです。特に部活と両立しながらの受験勉強や、入試直前まで模試でE判定だったところからの逆転合格などの話は、受験生にとって勇気付けられる内容だったようです。これから立ち向かう受験に対し先輩からの生の体験談を聞き、自身の勉強への取り組みに活かし、志望校合格を勝ち取ります!