【担任助手インタビュー⑫】日吉担任助手に突撃! | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2019年 8月 20日 【担任助手インタビュー⑫】日吉担任助手に突撃!

私は法政大学理工学部機械工学科2年の日吉 勇太です。

私の経験を活かし、日々生徒にアツく対応しています。

 

1大学に入って始めるべき事

大学受験では自分の受験当日という期限のもと勉強をしていると思います。大学では卒業という期限はありますが、それ以外には特に大きな期限はありません。

なので受験用の英語ではなく、コミュニケーションのツールとしての英語を勉強することができます。例えば海外留学したり英会話のサークルに入ったり英語4技能の試験を受けたりです。

それ以外にも自分の将来やりたいことの資格の挑戦することもできます。

受験のための勉強ではなく自分の将来のために勉強ができるのです。

 

2大学生になって変わったこと

大学生はとても自由です。ですから自分から求めていけば様々なことに挑戦できる期間であり、逆を言えば周りからは何も言われないので楽をしようと思えばいくらでも楽できるのです。

そこには責任が生じますが独立がすごく大事なのです。

自分が何故大学受験をして大学に行っているのかを考えて欲しいと思います。そこで自分がこれをやりたいと思ったことがあるのだったらそれを全力で行うべきです。