【担任助手インタビュー⑦】宮本担任助手に突撃! | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2019年 8月 13日 【担任助手インタビュー⑦】宮本担任助手に突撃!

みなさんこんにちは!

第7弾は宮本担任助手です!

 

大学:中央大学 理工学部 数学科

出身高校:明治学院東村山高等学校

高校時代の部活:サッカー部

①数学の教員という将来の夢を志したきっかけはなんですか?

 

自分は今、数学科に通い日々数学の先生になるために勉強に励んでいます。自分が「数学の先生」を志したきっかけは数学が好きだからという理由もありますが、1番は中学の頃の数学の先生に憧れを抱いたからです。この先生は苦手だった数学を1から丁寧に教えてくれました。そのおかげで、3年生の頃には数学が好きになっていました。なので「数学ができるようになっていく楽しさ」を今苦手な生徒たちにも体感してもらいたいです。さらに、勉強面だけでなく、部活動の顧問の先生でもあり、時には厳しくしかってくれました。最初はめんどくさいと思っていたけれど、次第に自分のためになっていると実感していきました。このように生徒にアツく指導できる先生になりたいと思っています。

 

②受験生時代の各教科への勉強の時間配分について思うことはありますか?

自分は私立理系だったので受験科目は主に英語、数学、物理の三科目でした。基本的に毎日全部の科目に触れることを意識していました。自分は英語がとても苦手で、物理は確実に演習量が足りていないと感じていたので夏休みからは勉強の時間配分は4:2:4という感じでした。さらに、自分は1つの科目を長時間やりたいタイプの人間だったので、1日5時間勉強するとしたら、まず数学を1時間勉強してから英語2時間、物理2時間とまとまってやっていました。集中が切れた時などに好きな数学を少し挟んで息抜きをしていました。

 

③今の目標を教えて下さい!

今、大学の授業では数学と教職を主に学んでいます。学校の目標はすべての単位を取ることです。さらに個人的に国語力が足りないと感じているので、夏休み中に3冊以上の本を読んで教養も身に付けていきたいです。