【担任助手インタビュー②】 島崎担任助手に突撃! | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2019年 8月 6日 【担任助手インタビュー②】 島崎担任助手に突撃!

みなさんこんにちは!

第二弾は島崎祐輔がお送りします!

高校:清瀬高校  部活:陸上部

僕は、日本大学危機管理学部に通っている大学1年生です。

現在、大学では災害やテロを中心に勉強しています。

 

 

僕は高校二年生の夏から東進に通っていたので、始めた理由と思ったことを伝えます!

Q 低学年の時に始めた理由は何ですか?

A 早く始めた方がいいと言われたからです

受験を始めるのに遅すぎることはあるが、早すぎることはないと言われ、やろうと思いました。志望校もなんとなく決まっていたのでそこに向けて頑張ろうと思いました。

しかし!僕は高校二年生の時、東進には部活を理由にして校舎にあまり来れていませんでした。部活が午前で終わる日も、「疲れたー」と言って家に帰る日が多かったです。仮に来たとしても閉館のだいぶ前に帰ってしまっていました。もちろん、模試でも点数はあまりとれませんでした。

このような過ごし方をしてしまった原因は2つあります。一つは、将来の夢が決まっていなかったことです。将来こうなりたい!、こんなことをしたい!という強い気持ちが無かったため、大学入試をただ「遠いもの」としてとらえ、重要視できませんでした。

二つめは、復習をしなかったことです。いくらわかりやすい授業を聞いても、復習しなければ知識は定着しません。進めることも大事ですが、戻ることも本当に大切です!修判までやりきり、確実に自分のものにしてから進める癖をつけて下さい!!

以上二点が反省点です。低学年の時から夢に向かって本気で点数を伸ばそうと思っていた人と比べ、自分には勢いがありませんでした。そして、三年生になって生まれた差を縮めることができませんでした。

一、二年生の時やるべきことをできた人とできなかった人でこれほどの差が出るとは思っていませんでした。なので、今始めようか迷っている人は絶対始めた方がいいし、始めてる人は本気でやることを心に誓ってください!本気になれば、おのずと結果もついて来ると思います!

 

 

Q 受験生に対して一言メッセージをお願いします!

A 勉強を楽しむ!そして、自分に自信を持つ! 入試はメンタルが強くないとやってられません。ですが、これを意識するだけでだいぶ楽になるはずです!

勉強は確かに辛いものでもあります。しかし、勉強すればするほど自分は成長しています!日々成長する自分を楽しんでください!

そしてもう一つ、「自信を持つ」とは特に模試などの場面で意識してほしいです!緊張で自分の力が出せないのはもったいない!! 「解いてやるよ」といった上から目線で、模試や本番に臨んでほしい!

そうすれば緊張が和らいで自分の能力をより発揮できるはず!!

受験は学力もそうですが、メンタルもすごく重要です。不安なことがあったらすぐに僕たち担任助手に相談してほしい!応援してます、どの学年もやるべきことを日々積み重ねていこう!!!!

 

 

 

次回は吉村担任助手です!