【慶應義塾大学 理工学部】担任助手インタビュー!⑥ | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2019年 3月 24日 【慶應義塾大学 理工学部】担任助手インタビュー!⑥

みなさん、こんにちは!

本日の担任助手インタビューの様子を載せていきます!

本日は川尻義秀です!

大学:慶應義塾大学 理工学部 応用科学科

出身高校:立教新座高校

東進の入学時期:高1の3月

 

①大学在学中にやりたいことは

私の大学生活のもっとうは、全てを全力で!です。

なので、大学在学中には、専門である化学の勉強はもちろん、これからの社会で必要であろう英語の勉強、サークルの副部長、今やらせていただいている担任助手。

全て納得いくまでやりきる所存です。

学力面と人格面共に鍛えていきたいと思います。

 

②低学年の頃の勉強法は

低学年の頃は勉強量で勝負していました。

毎日、朝の開館の時間から夜の閉館の時間までいました。

受講も校舎で一番早く終わらせて、東進の先取りの強みを最大限に活かしていた自信があります。

勉強の質が伴ってきたのは全範囲が終わった高2の春くらいからだと思います。論理的に考えるようになったのもこの時期からでした。

 

最後に新受験生にメッセージ!

勉強量=時間×集中力×正しい方向です!

やはり、僕は大学受験の範囲をいかに早く終わらせ、自分に合った質の伴った勉強をいかに早くから始められるかに大学受験の結果はかかっていると思います。

そのためにも、長時間集中して勉強してこの3月苦しいと思えるくらい努力してください!大学受験の範囲を一通りおえ、さらなる質の高い勉強に巡り合ってください!

応援しています!