担任助手インタビュー⑰【私立理系】 | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2020年 6月 9日 担任助手インタビュー⑰【私立理系】

担任助手インタビュー第17弾!!

本日は大泉学園校担任助手2年 宮本泰彰です。よろしくお願いします!

Q1.夏休みの1日の勉強時間を教えて下さい!

Q2.この時期のモチベーションの保ち方を教えて下さい!

僕は2つのことでモチベーションを保っていました。1つ目は将来の夢・志です。僕は将来のやりたいことが決まっていたので、辛い時や大変な時は将来やりたい職業でバリバリ活躍している姿を想像していました。2つ目はライバルの存在です。僕は東進に友人と入学しました。その子はクラスも同じで、文理も同じでした。日頃から切磋琢磨していて、学校でも勉強状況について話していました。自分より受講を進めていたり、各門を進めていたりすると『やらなきゃ!!』と思っていました。結果的にライバルの存在はとてもモチベーションアップに繋がっていたと思います。

Q3.6月模試で意識したこと

苦手科目です!!自分は英語がとても苦手で、この時期英語学習に拘っていました。共通テストは基本各教科満点は同じです。なので得意科目をより伸ばすよりも、苦手科目を克服した方が確実に重要です。苦手科目は勉強するのも大変で逃げがちですが、そこでどれだけ逃げず向き合うことが出来るかで合否は変わってきます。なので6月模試は英語の結果を出すことを意識していました。