担任助手インタビュー⑰【大学生活編】 | 東進ハイスクール 大泉学園校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2021年 3月 26日 担任助手インタビュー⑰【大学生活編】

担任助手インタビュー17日目!

 

中央大学理工学部数学科2年の宮本泰彰担任助手です!

Q1. ホームページに載っていない中央大学の事を教えて下さい。

中央大学理工学部は後楽園キャンパスで授業が終わった後、ラクーアで遊ぶことが出来たり、東京ドームが近くにあり野球やアーティストのライブなどが聞こえてきたりなど素晴らしい場所にあります。ホームページに載っていないこととして学食がとてもおいしいです。自分がお勧めしたいのが「担担麺」「油そば」の2つです。油そばに関してはピリ辛の麺を使用していて1回食べると癖になります。是非食べてみて下さい。

 

Q2. 理工学部について教えて下さい。

 

理系なら理工学部を目指している人は多いのではないかと思います。理工学部の中でも学科によってやることは様々で情報系や物理化学などの実験をする人または自分のような数学と言う学問を研究する人もいます。皆に共通して言えることは必ず1年生の間は数学を勉強するということです。大学の数学とは高校で習った微分・積分の応用的なこと、ベクトルの応用である行列と言う分野を学びます。さらに数学科に進む人は「基礎数学」という学問を学びます。この基礎数学は「基礎」と言って甘く見ると痛い目に合います。全ての分野で使う集合について学ぶ分野なので頑張って欲しいです。

 

Q3. このHPを見ている人にメッセージをお願いします!

何か目標を持って大学に行かないと意味がありません。自分の場合は将来数学の先生になるために大学で数学という学問を研究し教員免許を取ることが1つの目標です。大学受験は皆がするものではありません。周りの友達が大学に行くからという理由で大学に行くのはやめましょう!!東進目標である「独立自尊の社会・世界に貢献する人財になる」ために大学では何を学んで将来どんな分野で活躍するのか?どんな社会人になるのか?まずは志望校選びです。自分自身の将来をじっくり考えましょう!!