担任助手インタビュー⑫【受験期編】 | 東進ハイスクール 大泉学園校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2021年 3月 19日 担任助手インタビュー⑫【受験期編】

担任助手インタビュー12日目!

 

東京大学文科Ⅲ類1年の久保木玲花担任助手です!

 

Q1. 東京大学文科Ⅲ類を志望した理由は何ですか?

東京大学を志望したのは、家から通える国公立大学の中で、日本の最高学府であり思いっきり学べる環境が整っているということと、幅広いことについて学んだ上で専攻を決められること(進学選択)が理由です。私は将来自殺対策や精神疾患で苦しむ人を減らすことに携わりたいと考えているのですが、具体的にどのような職業で貢献するべきか、高校生の時点で決められませんでした。そのような私にとって、ある程度の知識を得た上で専攻を決められる東京大学は魅力的でした!

文科Ⅲ類を選んだのは、主に心理学や社会学を学びたいと考えていた私にとって最も適した学部だったからです。実際に入学してみて、同じ科類の友人達の興味が非常に幅広く新たな知見を得られるので、文科Ⅲ類にしてよかったなあと思っています!

 

Q2. 国立大学は科目数が多いと思うのですが、どのように対策していましたか?

私は低学年の頃から東進に入学しスタートを切ったのが大きかったと思います。英語・数学を東進で頑張りつつ、社会や理科は学校の授業をメインに勉強を進めました。

科目数が多いというのはそれだけやらなければならない量が増える分、一つの科目の失敗を他の科目でカバーしやすいということです。そのため、「どの科目も他の科目のカバーができる」という状態を理想として、科目ごとの勉強時間のバランスを考えていました!実際二次試験本番も、一番得意としていた数学で失敗してしまったものの社会や国語でカバーができ、無事合格することができました。

 

 

Q3. このHPを見ている人にメッセージをお願いします!

受験まではまだ時間があるし、まだ勉強を始めなくても良いかな…と思っている方はいませんか?

受験勉強をスタートするのに早すぎるということは絶対にありませんし、志望校が決まった時にはもう間に合わない…なんてことになったら後悔してもしきれませんよね。

特に国立を志望する場合は早期スタートがカギになってきます!

是非、今から受験勉強を始めて合格を確実に掴み取りましょう!私たちも応援します!

 

 

 

次回は寺西担任助手【将来編】です!お楽しみに!