担任助手インタビュー⑪【私立理系】 | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2020年 6月 2日 担任助手インタビュー⑪【私立理系】

担任助手インタビュー第11弾!!

本日は大泉学園校の大学4年生、香村です。

Q1.夏休みの1日の勉強時間を教えてください!

Q2.この時期のモチベーションの保ち方を教えてください!

 

私は夏期合宿に参加をする予定だったので、6月模試で結果を出すことを目標に努力をしていました。

点数でクラスが分けられるからこそ、本番に挑むような緊張感で毎日の勉強はモチベーション高く行うことができました。

何をやれば絶対に点数が伸びるなど、大学受験には正解はありません。だからこそ、やれることはぜんぶやってやろうというマインドでいました。

毎日受講・毎日高速基礎マスター1000トレーニングは当たり前でした。自分のための大学受験だからこそ、後悔のないようにやるべきです!

 

Q3.6月模試で意識してほしいことは何ですか?

 

言い訳が生まれない位の努力をして臨むべきです。「~をもっとやってれば次は伸びる」、「受講が終わっていないから」、「時間配分を失敗した」など、言い訳が生まれるような受験では次のレベルに進めません。

一つ一つをやり切ってから受験するからこそ、自分の勉強習慣や学習内容を改善できます。時間配分の練習だって、今からでも取り組めます!

6月模試でしっかりと自分の実力を測るためにも、全力で準備をして全力で受験をしていきましょう!