担任助手インタビュー⑥【国立文系】 | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2020年 5月 26日 担任助手インタビュー⑥【国立文系】

担任助手インタビュー第6弾です!

本日は1年の山本が担当します!

 

①受験生時代の休日の過ごし方

受験生は、学校のあるなしに関わらず意識することは変わりません!

隙間時間を見つけて効率的に勉強に取り組む。

ただし詰めすぎは禁物です。負荷のかかりすぎないように計画的に勉強しましょう。

 

②この時期のモチベーションの高め方

自分の夢・志・思っていること・実行中のことを誰かに伝えるといいと思います!

私は学校の友達や、東進のグループミーティングの仲間に話していました。

誰かに伝えることで頭が整理されますし、「言ったからには実行しきらないと!」という気持ちになれます。

他の人の現状も共有してもらえば、刺激にもなります!

紙に書きだしてもいいかもしれませんね。

 

③6月模試で意識してほしいこと。

模試はそれ単独で存在しているわけではありません。

前回の模試の結果をもう一度分析し直して、結果を出すにはどう勉強するべきか、拘って欲しいです!

模試当日が受験本番だったとしても後悔のないような勉強をしましょう。

もちろん受け終わった後はその後の勉強に繋げてくださいね。

 

最後に皆さんへ

受験は自分を見直すいいきっかけです。

自分はどんな性格なのか?各教科何時間集中が持つのか?休憩はどれほど必要か?など、自己分析をする時間を十分にとって下さい。

結局受験は点取りゲームです。1点でも多くとるために、自分にぴったりの勉強スタイルを見つけて受験勉強を効率的に行いましょう!

 

 

↓6月の全国統一テストは下のバナ―から申込み可能です。チェックしてみてください!↓