担任助手インタビュー⑤【国立文系】 | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2020年 5月 25日 担任助手インタビュー⑤【国立文系】

担任助手インタビュー第5弾です!

本日は1年の大矢が担当します!

 

①受験生時代の休日の過ごし方 

東進にいる時間は単語帳を眺めながらお昼ご飯を食べるなど微々たる時間でも集中して勉強に取り組み、家にいるときはしっかり休むという風にメリハリをつけて勉強しました。

 

②この時期のモチベーションの高め方

第一志望校に合格した自分の姿を想像することだと思います。

また、グループミーティングでライバルが頑張っている姿を見るとやる気がでました。

 

③6月模試で意識してほしいこと

模試は今までの勉強の成果を知り、これからの勉強計画をたてるための材料だと思います。ですから、模試を中途半端に受けてしまうとこれからの勉強に支障が出て、それが合否にも繋がってしまいます。

目標点をきちんと設定し、どうしたらその点数がとれるのかをきちんと考えて勉強に取り組みましょう。

また復習をしない模試は受けた時間の無駄です。復習は当日か次の日には終わらせましょう。「鉄は熱いうちに打て」です!

 

最後に皆さんへ

皆さんは今、支えてくれている周りの方への感謝の気持ちを忘れていませんか?

皆さんは第一志望校合格に向けて一生懸命に努力すると思います。しかし、皆さんの合格のために頑張るのは皆さん一人ではありません。家族、学校の先生、東進のスタッフなども頑張ります。そんな周りの方々への感謝の気持ちを忘れないでください。そしてその応援の気持ちを裏切らない努力を積みましょう。

なにか困ったこと、不安なことがあれば校舎に連絡してください!

 

↓6月の全国統一テストは下のバナ―から申込み可能です。チェックしてみてください!↓