担任助手インタビュー③【大学生活編】 | 東進ハイスクール 大泉学園校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2021年 3月 8日 担任助手インタビュー③【大学生活編】

担任助手インタビュー3日目!

 

日本大学危機管理学部危機管理学科2年の島崎祐輔担任助手です!

 

Q1. 日本大学危機管理学部ではどんなことを学んでいるんですか?

 危機管理学部では、1年次に「リーガルマインド」をつけると言うことで最初に法学の勉強をします。民法や国際法の知識を付けた上で、事件やテロなどの危機管理に関する対策や対応法を学びます。

 

危機管理学は主に災害、パブリック、グローバル、情報の4分野に分かれています。災害は何となく想像がつくと思いますが、パブリックとは刑事事件、あるいは民事事件の解決法を学びます。グローバルは国際問題、テロなどの問題解決策を国際法や航空法を用いて学びます。最後の情報は、サイバー攻撃の対応や、企業による情報漏洩の防止を学びます。4つの分野に分かれてはいますが、学ぶ流れはどの分野も似ています。何故その問題が生じているのか。その解決策や防止策を現在の法学、規定を踏まえた上で考えます。

そのほかにも身近な問題としては歩きスマホ、児童虐待、窃盗などに巻き込まれないための、そして解決するための方法も学びます。身の回りから、自分たちが日ごろ関わらない分野でも、危機管理が必要な場面は億あるため、色々なことを学んでいます。

 

Q2. 「HPに載っていない日本大学」を教えて下さい!

日本大学は全国の中で見てもかなり在籍生徒が多い大学です。いわゆるマンモス大学ですね。そのため、すでに社会に出ているOBやOGがたくさんいます。自分のゼミではそのOBやOGと話をするという機会がとても多いです。それを通じ、社会で働く大変さや就活のアドバイスももらえることができます。人の多さはとても強い武器だと思います。

 

 

Q3. このHPを見ている人にメッセージをお願いします!

正直言って自分の今行っている大学は納得のいく進路ではないです。結果が決まった時は残念な気持ちで一杯でした。
 
しかし、辛い時期も逃げずに、毎日努力してきたこともまた事実でした。受験後浪人も視野に入れていましたが、その道を選ばなかった理由としては、「東進大泉学園校で合格できないのなら、他でいくらやっても結果は変わらない」と思ったからです。
志望校合格は掴めなかったですが、モチベーションを高め、成績を伸ばしてくれたこの校舎には感謝しかないです。受験は厳しいものです。しかし、この校舎にはその壁を越えられるくらいにまで成長できる環境が整っています。
 
勉強を好きではなかったり、自分にあんまり自信がなかったりする方。もしいれば一緒に大泉学園校で頑張ってみませんか?いつでも校舎で待ってます。自分は無理でしたが、皆さんの志望校合格の後押しを全力でさせてください!!
 
 
 
 次回は小林担任助手【受験期編】です!お楽しみに!