国公立大学の入試応援へ~大学入試に思うこと~ | 東進ハイスクール大泉学園校|東京都

ブログ

2018年 2月 25日 国公立大学の入試応援へ~大学入試に思うこと~

こんにちは。

東進ハイスクール大泉学園校責任者の永山です。

本日から国公立入試がスタートしました。

一橋大学受験者の応援に国立までいってきました。

何かあっという間でしたが、顔つきも精悍でしたし、

この入試を通じて大きく成長し殻を破いているのだな。と

つくづく感じています。

高校生の取り巻く環境は大きく変化しています。

私大入試の定員絞込みによる難化(今年もまた昨年よりも合格者はだいぶ減っています)

2020年の教育改革を前にした問題傾向の変化

AO・推薦入試の台頭

今、高校生たちは今までの大学入試では起きたことがない現実と

向き合わざるを得なくなっています。

今までの価値観やありかたが吹き飛ぶ社会になりつつあります。

そんな中で大学受験をどうとらえるか。

私たち予備校も考え直す機会にきていると思えてなりません。

「合格すればいい」

「いい大学にいけば人生安泰だ」

「良かったじゃんあと4年間はモラトリアムだね」

このような言葉を間接的に伝えてしまうこの業界の「古さ」に嫌気が

さすことがよくあります。大学進学後が勝負なのに。

大泉学園校の生徒達を見ていると「大学受験は結果を追い求めるプロセスに

その本質がある」と思えてなりません。

大学受験はゴールではない。そのメッセージを高校生の時からしっかりとらえ、

入試をきっかけに自分と向き合い、将来の自分の姿や理想を想起すること。

目標を自分で立てて、その目標に対して様々思考し、到達できる

という経験をすること。

思い込み・慢心を徹底的に廃し、心1つに目標に向き合うこと。

大学受験は人財育成をする場であり、心を創る場であること。

今年の受験生を指導していて改めて大切にしたいことであるなと

痛感しました。それこそがこの激動の大学入試を「突破」する

ために必要な気概であると思います。

大泉学園校らしく、「やりきる指導」を今後も徹底していきます。

競争が激しいこの大学受験で逞しく成長させることが使命です。

この思いを持って引き続き大泉学園校で指導を続けていきます。

 

今は2時間目の試験中ですね、、

大きなこと言いましたが、1名1名の受験している生徒の顔が浮かび、

私がどきどきしています笑

いつも通り。やってきた自分の歴史をすべて答案にぶつけてきてほしいと

思うばかりです。

たじろがずに。冷静に。

校舎で帰りを待っています。

月並みですが、「頑張れ!」

大丈夫。君達なら。

校舎で帰りを待つ。

東進ハイスクール大泉学園校 スタッフ一同